読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Minimalist symphony

〜 in case of bingo 〜

bngスペシャル 『コメントの世紀』 第1話

bngスペシャル   株主優待企画  『コメントの世紀』

第1話【ミニマリスト時代の幕開け コメントは歴史の断片を捉え始めた】

※BGM『パリは燃えているか』は、各自でご用意ください。

 

2015年6月12日。

佐々木典士さんの『ぼくたちに、もうモノは必要ない』発売。

2015年7月22日。

bingo、『ぼくモノ』を手に取る。

歴史は、動き始めた。。。

 

bingoが、初めてそのサイトの存在を知ったのは、『ぼくモノ』の

巻頭カラーページであった。

現存する、我が国初のミニマリストの1人、肘氏。

大阪人である。

f:id:bingo-minimalist:20160426220931j:plain

 

その時、サイト『物を持たないミニマリスト』は、ある意味で最盛期を

迎えていた。

ミニマリスト兄弟シリーズ」

「エアリーマットレスの掃除」

ハートマン軍曹

肘氏独特のワールドは、今、ブログという世界に咲く花として

開花していたのだ。

 

そして、ついに「その企画」が、始まった。

minimarisuto.jp

⋯それは、1つの試みであった。

ミニマリスト書籍が次々と書店で商業図書として並び始めた時

なんと、無償で部屋をミニマリスト化する、というのだ。

その、人類の大きな一歩に、ある、小さな試みが行われた。

 

後に「コメント職人」「狂人」の名で呼ばれることとなる

bingoのコメントであった。

「まだまだ貧弱貧弱ゥゥゥゥな私には、

道を極めるには…的な所もありぃぃぃぃぃ…」

ミニマリストたちがこよなく愛する『ジョジョ』ネタを

最初からブチ込んだのである。

 

対する肘氏。

ミニマリストなら吸血鬼押し一択です。棺桶で100年過ごした後、

ウィルソン・フィリップス上院議員のようなマキシマリストをいたぶる姿に

感動を覚えます。」

「むしろ貧弱ゥゥゥぅの方がハイィィィになれるので嬉しいんですが」⋯

その『ジョジョ』ネタ返し、否、Dioネタに対しDioネタで返す様子は

既にして、強固なるキャッチボールとなっていたのである。

 

さらに、コメレスの戦火は、拡大した。

minimarisuto.jp

⋯肘氏はこの記事を通して、人々のミニマリスト能力を錬成しだした。

同時に、肘氏は、布教という側面を織り込む二面作戦をとったのである。

先行するコメントの中で、肘氏の野望は明らかとなる。

「…はっ!

これは、調べさせることで、気付かない間にももクロの虜になってしまう

という孔明の罠!」

素晴らしいコメントに、肘氏はなんと画像で返した。

f:id:bingo-minimalist:20160426222948j:plain

横山光輝三国志』の、諸葛亮孔明、その人である。

 

このやりとりに対し、bingoは曹真の画像を使用する。

f:id:bingo-minimalist:20160426223251j:plain

そして、Dioネタ。

「貧弱ゥゥゥゥゥなアナログ人間なので勉強になりました。。。」

 

対する肘氏

「最高にハイィィィなデジタルライフを送りましょう」

 

⋯⋯この時、質の高いレスを得て、bingoのコメントは

相手の強さを受けてそれだけ強くなる、北斗神拳の奥義へと

昇華しつつあったのだ。。。。。

 

今宵は、ここまでに致しとうござりまする。

デハ、ミナサン。Até breve, Obrigado!

 

 

〜 Special thanks 『物を持たないミニマリスト』by肘さん 〜

minimarisuto.jp