読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Minimalist symphony

〜 in case of bingo 〜

第47回全国臨時教職員問題学習交流集会inみえ & この夏最高額?の買い物

こんばんはm(_ _)m

随分ながーいタイトルになってます(^◇^;)

毎年のイベントですが、今年も行ってきま

した!⬇︎

f:id:bingo-minimalist:20160816205819j:plain

毎年、bingoにとって学びの深い集会に

なっていますが、今年は特に、全国の仲

間たちから寄せられた声を聞くことで、

危機感を覚えるコトがあります。

 

今、正規・臨時に関わらず、教職員は、

そして教育そのものが「成果をすぐにあ

げる」というコトに囚われているのでは

ないでしょうか。

 

成果が残らなければ、正規なら「評価育

成」の名の下に、簡単に評価を下げられ

て、それが生涯賃金に影響を及ぼしてい

ます。そうすると、いわゆる「問題行動」

をする子や「荒れているクラス」を担当

するコトを敬遠したくなるでしょう。

 

臨時の先生方の場合、成果があがらなけ

れば、即、任用を切る、というケースが

出てきていることが報告されました。し

っかり、地に足つけて、急がず焦らず諦

めずに指導・支援していかなければなら

ないのに、年度途中で簡単に首をそげか

えるようなやり方が、果たしてそもそも

「教育的」なのでしょうか?

 

教育とは、子どもを「長く、まるごと捉える」

コトではないかとbingoは考えます。仮にその

通りだと仮定した場合、困り感を持っている

子に、誰かがしっかり向き合い、そして向き

合っているその方を周りがみんなで(もちろん、

自身の持ち場を守りながら)支えるコトが大切

だと思います。

 

見た目の成果を安直に求めれば、時として

指導が行き過ぎるコトにもつながり、時と

して子どもの成長過程を考慮しない結果に

もなります。そのコトを改めて思う時、

臨時教職員制度は日々頑張っておられる

先生方、一緒に学んでいる子どもたち、

そして教育そのものを冒涜するものだと

改めて気づきます。

 

 

夏休み前のプール指導中、実はメガネが

壊れてしまい(幸いにして誰も怪我せん

かったので良かったんですが)しばらく

昔かけていたフレームレスのものを使用

してましたが、やはり夏休みが終わり、

子どもが登校したら、一緒に遊ぶ時には

フレームレスは危ない!と思い、思い切

って新しいのを買いました!!!

 

最近はメガネの値段が下がったコトもあ

り、イメージよりお安い値段で買えまし

たが、やはりお高い買い物です。紙のお

金を使ってしまいました。。。

f:id:bingo-minimalist:20160816212032j:plain

レンズを窪みと接着剤だけでなく、

フレームの穴に差し込んでいる所と

かけていてもフレームが重くなく、

それでいてしっかりかけていられる

所が気に入りました!

 

最後に⋯

f:id:bingo-minimalist:20160816212427j:plain

先ほど述べた、全臨教みえ集会の

会場近くの【丸源商店】で食べた

『ねぎ肉そば』ですo(^▽^)o

そりゃあもう、美味しかったです!

 

お後がよろしいようで⋯m(_ _)m